KITANAKA SHOWCASE

SHOW CASEと馬車道と

 

 

 

横浜は馬車道駅より直結、KITANAKA BRICK & WHITE内にございます弊社SHOW CASE。馬車道の名前の由来はご存知でしょうか。幕末、江戸幕府による開港時までその歴史は遡り、現在の関内周辺に作られた外国人居住地から横浜港までを外国人の方が馬車で通る風景から生まれた言葉が「異人馬車」と、「馬車道」。今では馬車は流石に見る事は御座いませんが、歴史的建造物も多く残る素敵なエリアです。そんな街に相応しい素敵な照明の沢山揃った弊社SHOW CASE、横浜にお越しの際は是非お立ち寄りください。

 

 

 

 

 

 

光源としては勿論、消灯時にも空間を彩る素敵な照明達です。「部屋を明るくするだけじゃなく、照明の質が良いと空間の質が良くなって、気持ちが明るくなるから照明には拘りな。」なんて金言をくださったのは親だったか先輩だったか友人だったか、もしかすると今僕が考えたかもしれません。8月にはレイアウト変更も予定しておりますのでお楽しみに。

 

 

 

 

 

 

開国間も無い横浜は、当時の日本には無かった様々な文化が海外からやってくる日本の玄関でした。馬車道は日本で初めてガス灯の光が灯された場所なんです。そんな馬車道で室内照明という”灯り”を扱うという事に、ついロマンを感じてしまう担当者(僕)で御座います。ちなみにアイスクリーム販売の日本初もここ馬車道。当時の金額は2分、現在の価値で8千円程だそうです。

 

KITANAKA SHOW CASE
〒231-0003 神奈川県横浜市中区北仲通5丁目57-2
KITANAKA BRICK&WHITE 1F