KITANAKA SHOWCASE

GRASS-ガラス-

 

沢山のKOMARI照明をご覧頂けますKITANAKA SHOW CASE。話題(?)の新名物ヨコハマエアキャビンが間近を通る立地です。夏の終わりのお出掛け先に是非。今年も新型コロナウイルスの影響から各地での花火大会は軒並み中止。代わりと言うのは我ながら強引ですが、綺麗な照明なんて如何でしょうか。共通点は上を見上げて見惚れる瞬間です。

 

 

少し整理にと足を運んだこの日、こちらのガラスのシェードが目に留まりました。乳白色特有の反射が非常に綺麗で、改めて魅力を再確認。この所轄ミルクガラスなんて呼ばれる、不透明な白色ガラスは14世紀のヴェネチアで生まれたそう。当時の中国(明とかですかね)の磁器に衝撃を受けるも、当時のヨーロッパでは磁器の様に硬い素材を作り出すのは難しく、そこで考え出されたのがガラスを磁器のジェネリックにする事だったんだとか。こうして作り出されたミルクグラスは広く愛される素材になります。現代でのその人気は言うまでも無く、ミルクガラスは照明に食器に、世界中で人気を博す定番素材の一つに。不思議とね、何にでもマッチするんですよね。

 

 

KOMARIらしく、アイアンも使用したガラスシェードです。ゴールドに塗られた縁もらしさを増してくれてます。数あるラインナップの中でも、特に柔和な光を楽しめる一品ではないでしょうか。是非お越しの際は見上げてみて下さいね。連れて帰りたくなる事請け合いで御座いますよ。三連でリビングに、なんて使い方して頂けたら嬉しいです。

 

 

人類と灯りの関係は「火」から始まります。焚火に篝火にロウソクにオイルランプ、ガラスはそんな火の時代の途中から登場してくるんです。そんな灯りの歴史の中でもおそらく一番エポックメーキングだったのは電球の開発で。そんな電球の開発にも勿論ガラスは欠かせなかった訳です。つまりあのガラスって奴はね、人類と灯りの歴史を全部見て来ていやがるんですよ。

GRASS
¥35,200